開催概要

2011年7月16日(土)

時間内容場所
13:00 - 13:45参加登録hotel miura kaen ロビー
14:00 - 14:45ウェルカムドリンク太郎吉蔵
14:45 - 15:00会場設営(参加者全員で)太郎吉蔵
15:00 - 18:00第四回太郎吉蔵デザイン会議一部太郎吉蔵
19:00 - 21:00ウェルカムディナーパーティhotel miura kaen

 

2011年7月17日(日)

時間内容場所
9:20hotel miura kaen 出発(バスにて移動)hotel miura kaen ロビー
9:20 - 17:30終日3コース(美唄コース、空知の農園コース、江部乙コース)に分かれての周辺観光・工場見学

●3コースに共通する見学先
北菓楼ショップ
ソメスサドル工場
かぜのび

●各コースの案内
美唄コース
空知の農園コース
江部乙コース
17:30hotel miura kaen 着
19:00 -居酒屋パーティ(有料オプション)

 

2011年7月18日(月・祭日)

時間内容場所
9:30 - 11:30第四回太郎吉蔵デザイン会議二部太郎吉蔵
11:30 - 12:30フェアウェルパーティ太郎吉蔵

 

共 催: 太郎吉蔵デザイン会議委員会、NPO法人アートチャレンジ滝川
滝川市教育委員会、一般社団法人風の美術館、新十津川町教育委員会
協 賛: 北菓楼ソメスサドル株式会社株式会社竹尾
協 力: hotel miura kaen、バー・ブラジル、多摩美術大学(上野毛)、江部乙丘陵地のファンクラブ
えべおつ馬倶楽部、サッポロビール株式会社ノースプレインファーム
事務局: 太郎吉蔵デザイン会議委員会(イガラシアトリエ内)

 

 


イベント内容詳細

 

かぜのび見学

かぜのびは滝川市の隣町である新十津川町が閉校となった吉野小学校を改修して(改修設計:飯田善彦)つくった新十津川アートの森彫刻体験交流施設で、一般社団法人 風の美術館が運営する五十嵐威暢のアトリエ+ギャラリーです。ギャラリー3つに五十嵐の大型作品3点が永久展示されます。すでにテラコッタの壁面彫刻(3 x 21メートル)が完成し設置されています。残りのふたつは数年をかけて制作されます。カフェとショップが併設され、美しい田園風景の中でゆったりとした時間を体験できます。
写真:羽田麻子

▲Top

 

かぜのびノート

竹尾の上質なファインペーパーと、美篶堂の細緻な製本による「かぜのびノート」。アートフェスタ空知に参加されるみなさまに、プレゼントいたします。
太郎吉蔵デザイン会議でのメモに、参加者同士の交流のサイン帳に、写真のアルバムに、メモリアルかつ気軽に使っていただける特製ノートです。

▲Top

 

 

北菓楼ショップ見学

太郎吉蔵デザイン会議の基調講演「北菓楼の歩みと挑戦について」の舞台である北海道砂川の和洋菓子店・北菓楼の見学です。北海道開拓おかき、妖精の森など、全国からお取り寄せ商品として大人気。

▲Top

 

美唄コース

アルテピアッツア美唄
美唄駅から山間に進むと、日本有数の炭鉱で栄えた我路(がろ)が往時を偲ばせます。炭住跡・レンガの駅郵便局跡・完全円形栄小学校跡・土木建築物的廃墟の数々。
我路に向かう山間に、先生、重機が来ますからお待ちくださいといっても、絶対スコップの手が止まらなかった彫刻家・安田侃氏のアルテピアッツァ美唄があります。
昼食を含めてゆっくりお過ごしいただく日程となっております。なお、ご希望の方には、我路の魅惑的な廃墟群もバスでご案内します。

ランチ:伝統の味「とりめし」
http://www.pipaoi.jp/specialedition/nakamura/

ご案内役:伊藤和博(滝川在住・ACT事務局長・滝川市役所勤務・建築士)

▲Top

 

空知の農園コース

空知の対照的な二つの農園のご案内です。

清野農園(新十津川花月地区)
家族経営に近い農園です。清野農園の息子さん、好青年の清野正詞さんが、ほんものの完熟フルーツトマトの農園を案内してくれます。現地なら300円あれば、なんと1キロの本当に!とっても甘い!トマトが手に口に入りますよ。

神内ファーム21(農業生産法人)
資本金130億 大手消費者金融会社「プロミス」創業者の神内氏設立の大規模農場です。
敷地内は広大で、とっても北海道らしい美しい景観です。ラベンダー畑もちょうど見ごろで、観光客でごった返している富良野方面よりお得かも・・・一般にはこの農場の案内はしていないそうですが、この日は特別に、神内ファーム21の専務であり、農業の独立を支援する(夢現塾)の塾頭の古河さんが空白のスケジュール帳に(休日返上)このツアーを入れてくれました。

ランチ:吉野米&北洋のしゃけ
お昼には、吉野地区だけでとれたお米「ゆめぴりか」(吉野の引地さんご提供)で、地元女性自慢のおにぎり。地元メロンの浅漬けや、北洋のしゃけです。地元の人たちと地域の歴史談義などをしながらのランチとなると思います。
シャイで素朴な地元民の方々には是非皆さんからお声を掛けてあげて下さい。

ご案内役:山崎修(滝川在住・山崎石材店代表・ACT理事・元五輪モーグル代表)

▲Top

 

江部乙コース

美しい景観の江部乙丘陵地をバスで巡り、馬とふれ合い、さくらんぼ狩りを堪能し、少しの散歩を楽しみます。
丸加高原展望台から見る大パノラマは、皆さまを魅了することでしょう。足元から吹き上げるみどり色の風を存分にご堪能ください。
東19丁目「瀬川さくらんぼ園」では、透き通る肌と本来の甘みをのせた佐藤錦の食べ放題です。腹いっぱいに食べることを夢見てはじめた瀬川さんと食べ比べです。
次は「えべおつ馬倶楽部」のメンバーによる、手作りの馬牧場「小出牧場」です。道産馬の"ポンタ"をはじめ、5頭の馬たちとの触れ合うことができます。
東11丁目「フルーツの丘」では、地元で人気の小林ジンギスカンと夏野菜をバーベキューでお楽しみいただきます。皆さまをお迎えするスタッフもご一緒させていただきます。

ランチ:ジンギスカン・バーベキュー

ご案内役:高橋満(埼玉生まれの東京育ち。「自然環境豊かな土地で生活したい」と、2009年、定年退職を機に江部乙に移住。まちおこしやボランティアに汗を流す。)

▲Top